白神 July

震災から4ヶ月、JRの『頑張ろう東北キャンペーン』で、秋田、青森に行ってきました。途中の新幹線では、これから復興ボランティアに行く人、帰る人が沢山いて、復興への希望を感じました。今回の目的地『白神』は本当に素晴らしいところで、雄大な自然に感動しました。また、JR五能線の『リゾートしらかみ』に乗りましたが、こんなに楽しい電車に乗ったのは初めてです。


     
東京駅から秋田新幹線『こまち』で一路秋田に向います
  秋田新幹線
  「こまち」
秋田新幹線「こまち」 こまちは盛岡まで青森新幹線「はやて」と連結していきます。 こまちの座席は全席指定で片側2列シートですが、シートは狭く乗ってて疲れました。
リゾート白神
   ブナ編成
五能線を走る「リゾートしらかみ」緑の車体の「ブナ」編成です。
今回は秋田でに乗車、先ずは十二湖を目指します。
向かいのホームの普通電車
しらかみブナの車内
満席でした。
展望車からのビュー トイレ前のスペースには絵画が架かってました。
  東能代駅の
  「じゅんさい」
東能代駅でじゅんさいの振る舞いがありました。 じゅんさいの流しそうめん→とても美味 東能代駅の待合室はリゾートしらかみのデザインです。
  能代駅の
  バスケットゴール
バスケの町能代駅のホームにはバスケットゴールがあります。 電車の待ち時間に乗客がスローイン。私は見事ゴ-ルインで記念品を貰いました。 ようこそ能代へ
  ハタハタ館
  岩館駅
途中でハタハタ館を発見。 岩館駅、とても駅舎とは思えません。 駅舎に漁具が架かってました。
  リゾートしらかみで
  夜空を観る
リゾートしらかみブナ編成は、トンネルに入ると天井の灯りが夜空を映し出します。
ファンタスティック!!
十二湖 十二湖に向うバスの運転手さんのアナウンスがとても愉快でした。帰りも同じ運転手さんで往復楽しめました。
十二湖駅で下車、駅に今年はここから青森県の看板がありました。県境が毎年変わるのでしょうか?? 十二湖に向うバス
  青池
   
十二湖で一番神秘的な青池です。水の色は本当に青く透き通っていました。水の中にある枯れた木も青色の中にはっきりと見えました。
  ブナの道  
ブナの遊歩道で池巡りをしました。ブナの木の清々しい香りと木漏れ日が最高でした。
  沸壷の池
沸壷の池です。水が沸いているとのことですが、分かりませんでした。
  落口の池
落口の池には水飲み場があり名水を楽しめます。小川の水は冷たく、マイナスイオン一杯でした。水飲み場の隣でお抹茶を頂きました。
  中の池
  越口の池 
池の畔にイトウの養殖場がありました。 大きなイトウが沢山いました。
  王池東湖、西湖
  
  二ツ目の池
   八景の池
   日本キャニオン
岩がむき出しになった山がグランドキャニオンの風景に似ているということで名がついた「ニホンキャニオン」です。八景の池バス停から片道25分とのことで登りましたが、勾配が急で大汗をかいてしまいました。
   しらかみ
   「くまげら編成」
十二湖駅に戻り、ふたたび
リゾートしらかみに乗車しました。
今回はオレンジの綺麗な「くまげら編成」です。 「くまげら編成」も天井の照明がユニークでした。
   しらかみ
   「青池編成」
深浦駅でしらかみ「青池編成」とご対面。しらかみは全部で3種類の編成があり、これですべて乗車、見学ができました。全て大満足の車両&演出です! 「青池」編成はシルバーに鮮やかなブルーの車両で、夏の青い空にとても良くマッチしていました。 深浦駅のベンチは巨木そのままで、とてもワイルドでした。
   千畳敷
五能線は風光明媚な海岸線を走ります。千畳敷地区では、眼下に小島?岩?が沢山展開し、素晴らしい風景でした。夕焼けが有名ですが、今回は夕焼けには少し時間が早かったようで残念でした。
   五所川原駅
吉幾三の「いなかのプレスリー:おら、東京さいくだ・・・」に出てくる五所川原駅です。逆光でした。
   弘前駅のねぶた
    鉄道模型   


二日目は、ホテルを7時半に出発。レンタカーで一路「暗門の滝」に向います。
暗門の滝
弘前から車で1時間、アクアグリーンビレッジANMONに到着。ここから暗門の滝に向かいます。 最初の橋は古い鉄橋です。車が通れます 2番目の橋は木橋です。
   ブナ林
いきなり、沢山のブナの木が迎えてくれました。 道は二人並んで歩けるほどの幅でした。 滑りやすい場所では木が並べられています。
橋? 川沿いの道はコンクリートがひかれていました。 危険な場所にはロープが張られています。
暗門第3の滝の途中の川に架かる橋はスリル満点!
   暗門第3の滝
落差26mの暗門第3の滝です。滝は下から、3→2→1と数えます。 ここまで30分、しばしのレストタイムでオゾンを吸収。 暗門第3の滝を上からView
   暗門第2の滝 暗門第2の滝へ向います。
第2の滝はV字谷にあり、近くに祠(?)がありました。
   岩掘りのトンネル
暗門第1の滝へ向う道はますます狭くデンジャラスに。 岩堀のトンネル出現。中は真っ暗で冒険心が高まります。 トンネルを抜けると谷に架かる橋を渡ります。
   暗門第1の滝
第1の滝に到着。高さ42mの滝は3つの滝の中で一番大きく「いかにも!」の感じでした。飛散するミストが心地よい。 FLOWER 第3の滝下流より観た、第2の滝の落ち口です。
   記念写真:パチり
   天然水
お決まりの天然水をいただきました。美味しい!駅で買った「白神山地の天然水」のペットボトルに詰めて家まで持って帰り、子供におすそ分けしました。 アクアグリーンビレッジANMONと弘前を繋ぐバスです。バスだと片道約90分かかり、一日3〜4本の運行なので、今回はレンタカーで正解でした。
弘前

   弘前城
暗門の滝を出発、弘前城に向かいました。 お堀には浮き草が一杯で水面が見えません。 草木の緑が鮮やかでした。
追手門 追手門に怪しいハート模様の金具がありました。弘前城は慶長の築城ですが、当時からこの模様が、あった、無かったで家内と意見が分かれました。 ハート模様はこの扉にあります。
   弘前洋館巡り
    弘前市内にはレトロな
    洋館が沢山あります

   カメラがコンデジで
   写真がイマイチ
青森銀行記念館 旧東奥義塾外人教師館 カトリック弘前教会 撮影失敗
旧弘前市立図書館 日本キリスト教団弘前教会 藤田記念庭園 逆光Σ(゚д゚;)
郵便ポストの上にリンゴ 怪しい車、農薬噴霧器?
   特急「つがる」
弘前から新青森まで30分ですが「特急つがる」に乗車しました。 白とオレンジのツートンが林檎を想像させます。 シートはリゾートしらかみ同様の座り心地の良いデザインでした。

アウトドアーと旅行のページへ
TOP PAGEへ