SPAIN 2012August


    ガウディー(サクラダファミリア)が見たくて妻とスペインに行ってきました。
    スペインは二度目の訪問ですが、今回もキリスト文化とイスラム文化の
     融合や数々の素晴らしい建築物を訪問することができ、大満足な旅行でした。
     食事もとても美味しく、オリーブの実とオイルは特にGoodで、帰国後サラダと 
         言えば「オイル&ビネガー」、スペイン産をチョイスしています。        

8月18日に成田を出発、。ロンドン経由でマドリッドに入り、トレド、コルドバ、グラナダ、ミハス、トレモリーノス、セビージャ、バルセロナと訪問しました。8日間の日程でしたが、今回は、スペイン国内の移動に飛行機やAVE(新幹線)を使い移動の負担を減らし、かつ、見学の時間を十分取る日程で、大満足の旅行でした。


     
成田空港から英国航空でロンドンに向います。日本からスペインへの直行便は無く、少々不便です。
  成田空港 
   Departure 
    AM10:55
英国航空 座席のモニターは少々使いにくい感じがしました。 雲の上

  ロンドン
  ヒースロー空港
ロンドンです。
写真の川はテムズ川?
ドームはオリンピックスタジアム? ヒースロー空港
 マドリッド空港
マドリッド空港には21時頃到着しました。空港もユニークなデザインで、流石スペインです。
 マドリッド

   コンデ.ドューケ
   ホテル
ホテルコンデ.ドューケには22時頃到着しました エレベータの飾りもお洒落です 部屋はシティーホテルクラスです
  
ロビーはヨーロッパクラシック調 ホテルのバーで深夜の食事



8月19日はマドリッド観光。スペイン広場から「プラドー美術館」、トレド、「サント・トメ教会」と密度の濃い一日でした

 スペイン広場
            
スペイン広場 ドンキホーテ記念碑
  
マヨール広場 レティロ公園 王宮
 プラドー美術館

  ベラスケス
  ゴヤ
  エル・グレコ
  &all
素晴らしい!
    久しぶりの訪問ですが
    大分変りました。
プラドー美術館
2回目の訪問ですが、新たな感動でした。
プラドー美術館で「アリス・イン・ワンダーランドのジョニーディップ(の偽者)を発見 エントランス
 ソフィア王妃芸術
 センター


  ピカソ、ゲルニカ
  ダリ、ミロ
  スペイン現代アート
  を堪能!
入口のオブジェが独創的 入口前広場
  
マドリッド街中の建物
  スペイン料理
   レストラン:ラ・ルス
   サラダ、コロッケ、
   パエリヤ
   フルーツ、ワイン
   サラダ コロッケ
美味ですが、食べ過ぎに注意。満腹で次の料理が食べられなくなります。
シーフードパエリヤ
とても美味
イカ墨パエリヤ
  超美味
 トレド

  暑さに
  まいりました。
先ずは、丘の展望台からトレドの町を一望します
 カテドラル
   煌びやか、荘厳!
 
ソコドーベル広場経由でカテドラルへ向います
 サンタマリア教会 
  
   宝物室、
   中央礼拝堂
   トランスバレンテ  
  写真撮影OKが
  また素晴らしい。
  世界中から集め
  られた宝石と金
  
   サント・トメ教会

  
エル・グレコ
  オルガス伯の埋葬
  
サント・トメ教会

エル・グレコの
オルガス伯の埋葬
を観ました。
世界三大名画です
  闘牛
   3クルー観ました。
   闘牛士は、ジャッジ
   する人が合図する
   20分以内
   に牛を殺さなけれ
   ば罰金が科せられ
   そうです。先ずは、
   背中に槍を刺し、
   首を上がらないよう
   にして、チャンスを
   窺い”本物の剣”
   で一気にとどめを刺
   します。マタドーラ
   (闘牛士)には3人の
   助手がつきます。    
ラスベンタス闘牛場 入口


8月20日は、スペイン新幹線に乗りコルドバに向かい、その後、バスでグラナダに移動しました。
 Madrid

 駅が素敵です
        
カバン、トランクのオブジェがありました。 何と、駅の中に植物園があります 球のオブジェ?
  AVE(新幹線)
  renfe#2090号
色は違いますが旧タイプの小田急ロマンスカーの様です  途中の停車駅
 コルドバ

 Exotic!
ローマ橋 塔をバックに  カラオラの砦
   イスラム調の
   建物が一杯

   暑い!   
ローマ橋を渡ります
  
塔が見えます
 メスキータ

  世界中から集めた
  石で作ったので
  色、大きさが不揃い
柱、石の違いは建築の歴史
  コルドバは
  宗教的には
  アルハンブラ
  より上との事。
16世紀に教会部分が建築されました。
  イスラムの栄華を
  見ました。
   
マホガニーを彫刻して109の椅子を作りました。
  花の小道
とても狭い路です 噴水がありました
  狭い路地に
  美しい花が
  満開です
闘牛士のレストラン 映画ドンファンの撮影が行われた店
  路は狭く、
  建物は小さい中
  パテイオ(中庭)
  のある建物
  が沢山あります。
白い壁の地区
カトリックと区別する為に色を塗らなかった建物があります。
パピルスの木
  スペイン料理
  
  ガスパチョ
  フラメンキン
ガスパチョ(冷たいスープ) ガーリックが効いて美味 温野菜、フライドポテト
フラメンキン(豚肉のスライス巻き)美味 外の温度計は43℃
暑い、あつい
   丘の上にお城が見えます
  ルーケ
  (ドライブイン)
 

  驚きの
  パフォマンス
「1個、2個、3個で五 ??」スペインのドライブインで日本語。
グラナダに行く途中で立ち寄ったルーケという旧駅舎跡のドライブインで
驚きのエンターテナーを発見。石鹸とオイルの小瓶を売る掛け声が凄い!
相手が日本人だとテンポの良い日本語で勧誘、あまりの面白さにかなりの
人が購入しました。
ガイドさんの話だと英語と、ドイツ語、フランス語もあるとの事。
スーパーパフォーマンスは一見(聞)の価値有り。
 フラメンコ
ステージは割と狭い 足を踏み鳴らします
SoulFull ギターは上手い!  フラメンコのレストラン
 アルハンブラ
 幻想的な夜景
          

 サンニコラス
 展望台
アルハンブラ夜景を展望台から眺めます。Fantastic! 夜景を背にパチリ 屋外パブ
 グラナダ

  Hマシアーレル
  デ・アルハンブラ
ホテルはアメリカンスタイルでした 本日のディナー 今日はホテルに日本人街が出現



8月21日は、アルハンブラ宮殿を見学し、バスで高速を移動。白い町ミハスを見学した後、地中海に臨む海岸トレモリーノスに宿泊しました。   
  グラナダ

   アフリカからの
   風が吹いています。
ホテルの窓から写したグラナダの街
 アルハンブラ

 中世文化Wonderful

   アルハンブラとは
   赤い宮殿の意味
カルロス5世宮殿に
向います
玄関ノッカー 円形パティオ(16世紀に建てられました)
   宮殿は日々入場
   できる定員が決ま
   っています。
水の音が聴こえます アルハンブラの夜景を観た丘 グラナダの街を見下ろします
   イスラムとキリスト
   の建物が繋がって
   いて不思議です。
   
ナスリー朝宮殿 建物は要塞の造りです
天井はステンドグラス 窓はイスラム風です     壁の模様が幾何学的
  持参のPCで歩きな
  がら流し・聴いた曲は
  勿論、” アルハンブラ
  の想い出 ”
天井に梯子? グラナダの街     模様がイスラム調です
アラヤネスの中庭 写る風景がとても綺麗です。
   庭園と細い柱が
   素晴らしく調和
   していました。
謁見の間 宮殿の中庭
宮殿の中庭 宮殿の窓からグラナダの街が見下ろせます
   庭園もまた最高
ヘネラリーフェ庭園&水路 水道橋
展望台 とても面白いガイドさんで写真撮影の腕もバッチリ。関西在住の経験有り。 庭園の入口
アセキアの中庭の花 
はな 
Flower 
  
薔薇の回廊 リスが出現
  スペイン料理
   レストラン
   アルモラドラックス
   
  アホブランコ
  イベリコ豚  
アホブランコ
冷たいアーモンドとニンニクのスープ 美味
イベリコ豚の串焼き
美味
食事中、グラナダ大学のトゥーナ3人組が出現。アルハンブラの想い出を始め聞かせてくれました。CD購入。
 ミハス

 町の白と青い空
 紺碧の地中海が
 エキゾチックです。
高台からミハスの街を見ます 展望台とほこらの礼拝堂
ほこらの礼拝堂 黄色のポスト
町の道しるべ
教会
闘牛場 山の上の教会 ミハスの街
 トレモリーノス
ホテル・セルバンテス
避暑地のホテルらしい作りでした。
海岸へ向う道には、沢山のお土産品の店がありました。
海岸道路はトロピカルな
雰囲気です。
海の向こうはアフリカ! 避暑地の海岸風景は
日本と同じです。
お決まりのベンチとパラソル 古(いにしえ)のトレモリーノスの写真です。



8月22日は、先ずバスでトレモリーノスのホテルを出発。セビージャに向かいスペイン広場、カテドラル、ホラルダの塔を見学の後、空路バルセロナに向いました。
 セビージャ

 大航海時代の繁栄
 を体験しました
 
セビージャの市電 マリア・ルイス公園にあるスペイン広場が見えます タイル画が広場に面して続きます
アンダルシア各州の特徴を描いた
タイルアート
天井も手が込んだ造りです 天高くそびえる塔がランドマークです
黄金の塔 12角形でかつては金色の陶磁パネルで覆われていたそうです 王宮アルカサル
カテドラル、ヒラルダの塔を目指します  暑い!
  ヒラルダの塔

   登攀が大変でしたが
   眺めは最高でした
ヒラルダの塔入場    ヒラルダの塔登頂
セビージャの町を一望  景色は抜群、暑さと階段の昇降で体調はグロッキー
  カテドラル
カテドラル入場  黄金の祭壇が輝いていました コロンブスの墓がありました
室内の彫刻がまた素晴らしい
絵画も素晴らしい
大航海時代に集めた数々の宝石、貴金属
広場に出ました 街並みにヒラルダの塔がひと際映えます セビージャ サンタクルス地区の街並み
セビージャの街並み
 
 スペイン料理
 レストラン
 カサカミーロ
  
美味も、少し硬い ライス入りシーフードスープ
美味
チキンのモモ肉 美味ですが一番大きいのを配られて半分残してしまいました。 スイカがでました。味は日本と同じです。私は苦手です。 所狭しとワインが並ぶ
セビージャのダウンタウン セビージャ空港でWiFi
バルセロナに向う
イベリア航空機です
バルセロナ空港ロビー バルセロナ
ホテルレヘンテ到着
 バルセロナ

 ガウディー巡りスタート
 タクシーをフルに利用し
 ましたが、ほとんどの
 ドライバーが英語を
 話せず、大苦戦
 グエル別邸
  FincaGuell

  『ガウディ』
門の錬鉄のドラゴンが素敵です。 初期ガウディー初期の先品です。
  バルセロナの建物
Taxiでサンタ・テレサ学院と言ったら、ここで降ろされました。学校の様ですが建物は素敵です。日本なら世界遺産候補。  
 サンタ・テレサ学院
  Teresian

  『ガウディ』
サンタ・テレサ学院
暗くなってきました。
 カサ・ビセンス
  CasaVicens
  『ガウディ』
ガウディ初期の大規模な建築物。アラブ風の外観が特徴です。暗くて露出補正に苦労しました。
 カタルーニャ広場
  Pl_de_Catalunya
公園の噴水とライトアップ



8月23日スペイン最後の日は「ガウディ」三昧。素晴らしすぎる!!
 カサミラ(ラ・ペドレラ)   
  CasaMila
  『ガウディ』
            
地中海やカタルーニャの雪山をイメージしたガウディの作品。今でも住民がいます。バルコニーや屋上、煙突がユニークです。
 
 グエル公園
  ParcGuell

  『ガウディ』
グエル公園入口 ガウディ記念館 テラスのベンチで一休み
メガネトンネル 柱がギリシャ風です 天井にも彫刻があります
テラス おとぎの家 ドラゴン
ドラゴンは破砕タイルで飾られていてカラフルです 破砕タイルの飾りが見えます
柱廊 3ヶ所ありました
 サクラダ・ファミリア  
  SagradaFamillia

  『ガウディ』

  サクラダ・ファミリアが
  一望できる場所で
  写真撮影
 
柱の高さに先ずビックリ ステンドグラスの美しさに、またびっくり 入口の床の絵
ガウディの墓 ガラスが光をとして明るく輝いています 周りは彫刻で一杯
 カサ・バトリョ
  CasaBatllo
  『ガウディ』
あくびの家、骨の家と呼ばれています スペイン最後の夜はカサ・パトリョの夜景
Super Fantastic !
おとぎ話のような造りです。
タイルの貼り付けはガウデイ
自ら指示をしました。
廃棄物のガラスや陶器の破片を利用したリサイクル建物です
 カサ・アマトリュー  
  CasaAmatller

  『ジョゼップ・プッチ
  イ・カダファルク』
 

  カサ・アマトリューの
  隣にあります。
  
  
都会的なゴシック様式です。チョコレート職人「アントニ・アマトリュー」の家で、1Fの奥にはチョコレートショップがあります。
  スペイン料理:バル
  Tapa Tapa

  一口で食べられる
  料理を見て・選んで
  注文します。超美味
 サン・パウ病院
  SaintPau

  『ドメネク・イ・
  モンターネール』
レンガ造りの病院です。中は、彫刻、モザイク、絵画で満たされています。
工事中で見学が制限されて残念
 カタルーニャ音楽堂
  MusicaCatalana

  『ドメネク・イ・
  モンターネール』
 カサ・カルベット
  CasaCalvet
  『ガウディ』
 ラス・プンシャス
 集合住宅
  LesPunxes

  『ジョゼップ・プッチ
  イ・カダファルク』
天に突きさすような飾りが特徴です
 グエル邸
  PalauGuell

  『ガウディ』
ガウディ作品の中で唯一本格的な修理がされていません。
柱、屋上の彫刻、オブジェにガウディらしさが溢れています。
 レイアール広場
  Placa Reia
グエル邸でTaxiを捜していたらたどり着きました。スリが多いとのことで早々に退散しました。
 ロエベ
  Loewe
スペイン王室ご用達ブランド 財布購入
  スペイン料理
  レストランファルーガ

  スペイン最後の
  食事も美味
  ワインも美味
プディファラ 肉料理ソーセージ 魚料理
フレーマカタラナ
(=クレーマブリュレ)

TOP PAGEへ